店舗デザインを決めかねている人は必見です

アンティークな店舗デザインのイメージ

アンティークな店舗デザインのイメージ アンティークな店舗デザインの概要ですが、しっとりとした落ち着きのある大人のイメージです。
色で言えばブラウンやワインレッド、木目調の家具などと合わせることが多いようです。
重たい木の材質が豪華な雰囲気を感じさせてくれるでしょう。
参考になりそうなのは、18世紀~19世紀にかけたクラシカルな様式美です。
貴族が好みそうな内装にすることで理想に近づけることができそうです。
店舗デザインを行う際のポイントですが、面積の大きなところから決めていきましょう。
壁や天井、床などの広いスペースを取りやすいところから取り組むとイメージしやすくなるようです。
床にアンティークな柄の絨毯を敷くとか、窓にドレープの多いカーテンをかけるだけでも高級感が漂います。
天井にシャンデリアのような派手めの照明を取り付けるのもよさそうです。
壁掛け時計や置時計などにも、おしゃれなデザインのものが少なくありません。
演出の一環として小物を上手に活かしましょう。

店舗デザインにアンティークを置くメリット

店舗デザインにアンティークを置くメリット 昔ながらの雰囲気を伴った店舗デザインにしたいのであれば、店舗の各所には必ずアンティークを置くのがベストです。
アンティークの概要としては、簡単に言えば製造されてから10年以上経った雑貨のことを言います。
古風の店舗デザインを作る場合、お店の雰囲気の中に昔を感じさせながら洗練されたものを置くのが見た目で判別がつきやすくなります。
その洗練されたものを置くにおいて、10年以上経った雑貨というのはどこか垢ぬけて洗練された雰囲気を持っているものです。
この垢ぬけて洗練された古雑貨を置くことによって、お店の雰囲気がしゃれて気がきいたさまを意味するシックになります。
しゃれて気がきいたさまのシックな店舗デザインを作りたい場合は、このように設計段階から古風を感じさせる外装だけでなく実際にお客が入店した時に落ち着いた時間が過ごせる環境づくりが重要です。
その重要な雰囲気を作るためには、お店の内装の色彩だけでなくタイムスリップしたような感覚を作るのが大事になります。